軽くて丈夫なカバン

たくさん動く男の子向けのランドセルを紹介

ランドセルで世界の子供を救う?

ランドセルは小学生に上がる前に、購入しておくものです。入学前の子供たちにとって、一番の贈り物でしょう。そんなランドセルの購入金額の一部に、世界の貧しい子どもたちを救う寄付金が含まれている場合があります。子供のために購入したランドセルは、結果として自分の子供だけでなく世界の子供のためにもなるのです。

いっぱい動く男の子に対応

小学生

男の子はアクティブ

毎日校庭や廊下を走り回る男の子達ですが、その背中にはランドセルがあります。アクティブな男の子達の運動についていくのはランドセルだって大変でしょう。しかし、ランドセルはそう簡単に買い換えられる物ではないのです。

悪天候でも関係ない

男の子は雨や風にも負けずに遊びます。革製品であるランドセルは水に弱いという性質も知らずに遊んでしまうのです。しかし、子供に遊ぶな、というのも酷な話しになるので頭を抱える保護者が多いのです。

男の子向けのランドセル

子供の遊びやアクティブさに対応したランドセルが最近よく販売されています。撥水加工で水を弾き、革と革を繋ぐ接合部分の縫い目を補強してあることが特徴になっているのです。活発な男の子にプレゼントしてもこれなら安心ですね。

取れやすい金具もしっかり固定

机の横にはランドセルを掛ける場所があり、それに合わせてランドセルにも金具が存在しています。この金具部分は激しい運動で取れやすくなるのですが、男の子向けランドセルは金具もがっちりと固定されているので取れにくくなっています。

定番の黒から変化して

男の子は戦隊モノのヒーローに憧れを持ちます。そのため背負うランドセルの色にも子供ながらこだわりを持つでしょう。ランドセルのカラーは赤と黒が定番でしたが、子供のニーズに合わせて様々なカラーバリエーションが用意されているのです。

[PR]

ランドセルは男の子用もある!
壊れにくいと評判ですよ。

ランドセルを男の子が使うならココ!
丈夫になっていますよ★

ランドセルは日本だけじゃない?

ランドセルは日本の子供達が通学時に利用するものだと思ってませんか?外国では日本のランドセルがファッションとして利用されているのです。外国では丈夫でお洒落と評判が高いですよ。

男の子向けランドセルを購入した保護者口コミ

初めてのランドセル!

子供も小学に上がりランドセルデビューをしました!初めてのランドセルだったのでどれにしようか迷ったのですが、私の子供は活発なほうなので軽くて丈夫な男の子にぴったりなランドセルにしました。本人も気に入っているようです。

自分の子供は女の子なのですが

赤いランドセルが嫌だ、というもんで他の色を勧めましたがどれもダメでした。男の子向けの黒のランドセルを購入したのですが、かなり喜んでいるので、まあいいかという心境です。丈夫そうなので長持ちすると思います。

大事に使って欲しくても…

始めて買ったランドセルは息子が2年生のときに壊しました。安い買い物ではないので大事に使え!と毎日言っているのですが全く言うことを聞かないわんぱく坊主です。でもセールされていた男の子向けのランドセルはまだ壊れておらず、状態も前のに比べていいです。

6年間使い続けていました

自分の子供は6年間ランドセルを使い続けることが出来ました。本人の使い方もあるのでしょうが、ランドセルの品質が良かったんだと思っています。男の子専用のランドセルと大切に使ってくれた自分の子供に感謝です。

アフターケアーも良かった

男の子向けランドセルを買ってすぐに子供がランドセルを壊してしまったことがあったのですが、メーカーに問い合わせたところ無料で修理してくれました。アフターケアもしっかりしているので安心です。

ランドセルに関するお役立ち情報まとめ

男の子

大きくなっても使える

ランドセルは子供だけのものではありません。大人でも利用できるお洒落なランドセルもいくつも制作されているのです。ずっと使い続けることで特別な愛着を持つことも出来るのです。

READ MORE
ランドセル

人気ランドセルの特徴

人気の高いランドセルにはあるいくつかの特徴が隠されています。これらの特徴を知ることでランドセルの購入を手助けしてくれる情報を得る事が出来るでしょう。

READ MORE
男の子

ランドセルの形状

ランドセルの形は世代を超えて共通しています。しかしバリエーションとしていろんな形が出てきていますので、その形がもたらす利点や特徴を調べてみましょう。

READ MORE
小学生

自分だけのランドセル

オーダーメイドのランドセルを利用している保護者も最近増えてきています。オーダーメイドが選ばれる理由やメリットなどを調べてみると、選ばれている理由に納得出来るでしょう。

READ MORE

新着情報

[PR]

広告募集中